蝉が居なくなる日

画像
盆が明けて最初の週末でしたね。
今年の夏は殺人的な高温多湿攻めで私の精神を崩壊させてしまいました。

土曜の朝、ベランダで珈琲を飲みながらいつもの一服、どうもいつもと違う何かを感じました。

「セミ」が一匹も鳴いていないのです。
うちのマンション下には公園があって毎日早朝からこれ以上の嫌がらせはない程、セミが大音量で大合唱。
その大騒音で朝から暑さも加わり発狂寸前の毎日であったのですが、不気味な位静かな朝なのです。

確かにセミは夏季限定の短命この上ない儚き生き物とは知っていますが、うちの1Fの公園だけでなく
よく耳を澄ましてみるとこの町からセミの声が全く聞こえてこないのです。
セミの社会では8/21で業務終了の規約でもあるのでしょうか? 
こうも全てのセミが町から急に居なくなったので何か災いの起こる前兆ではないかと1人不安な週末を
過ごしてしまいました・・。





この記事へのコメント

尾崎
2010年08月27日 14:28
こっちでも気がついたらセミの鳴き声がもうしないや。もう夏も終わりってことですね。

この記事へのトラックバック