意思

どこかのビジネスホテルにあった聖書に「チャンスとは手を挙げた者にのみ与えられる」とありました。

しかし手を挙げずともチャンスがある日突然、半ば運命と受け入れなければならない場面。
冷静にそれは「チャンス」か?「転機」か?それとも「己の意思決定の要求」か?

極限の状況化で自己の可能性を確固たる実績としてエクスポートができるか?

不安な事なんて普通に生きてても毎日あるし。



「行くしかないだろう」



自分の心なんてよく解っています。



2011/06/10
KZ









この記事へのコメント

この記事へのトラックバック